FC2ブログ
avatar image

甲状腺専門病院で初診を受けたときのこと

0053.jpg

毎日寒い日が続きますね。
うちのあたりはどちらかというと穏やかな気候区分に入る地域だと思いますが、昨日は時々吹雪いていました(積もりはしませんでしたが)。

さて、今日は甲状腺専門病院に初めて行って診察を受けたときのことを思い出していきたいと思います。

体調異常が続き、婦人科や漢方内科などを転々としても原因がわからず困っていたときに、NHKの番組を見て「もしかして私、甲状腺機能低下症なのかな?」と思い、甲状腺専門病院を訪ねた話は

「甲状腺機能低下症かなと思ったら-チェックリスト」  
「甲状腺機能低下症かなと思ったら-病院・医師の見つけ方」 

に、書いた通りなのですが、今日はその続き、甲状腺専門病院での初診の様子をお話ししようと思います。もう何年も前の話で記憶も薄らいでいるので当時のメモ書きを見ながらざっくりとです。

日本甲状腺学会のホームページを見て、通える範囲の専門病院に行って見ることにしました。
紹介状無しで行ったので、とにかく待ち時間が長い長い!病院に5時間以上いたかな。往復の時間を合わせると7時間以上かかりました。ぐったり疲れました。

1.窓口に保険証を出して診察を申し込む、問診票を渡され記入
2.看護師による予診(問診)
3.医師による予診・・・さらっと、首触られるくらい
4.血液検査・・・銀行の窓口みたいにずらーっと
5.エコー(超音波)

エコーと血液検査の結果を待っているあいだ、昼食を取りに行く

6.医師による診断 → 次回の予約
7.会計、薬

紹介状無しで行ったので、まず、1.2.に至るまでもすごく時間がかかりました。
そして、3.4.5.6.7.それぞれの待ち時間もとても長かったです。

1.の問診票はどんなだったかな・・・。普通の内科などで書くものよりは詳しく聞かれたような気がします。身内に甲状腺疾患を持つものがいるか、癌をわずらったものがいるか、なども聞かれました。

2.の看護師による問診は、1.の確認程度だったように思います。もうほとんど記憶がありません。キビキビした40代くらいの看護師さんで、こちらから症状を訴えようとしましたが取りつくしまもなかった記憶はあります。

3.の医師による予診も2.とほとんど同じ感じ。首を少し触って、血液検査とエコーを受けてくださいと一言で終わり。

4.血液検査は普通に血液検査。

5.エコーはたぶん、医師ではなく技師さんによるものだと思います。技師のおじさんが首にゼリーを塗り、プローブを当てながら、ちょっと首をあっちにこっちに動かすよう指示されたような・・・?こちらももう記憶がぼんやりです。画像をみながら「あちゃー」というような顔をして首を縦に振ってらっしゃったので不安になりましたが、特に何か説明されたりすることはなく「午後○時になったら○待合室に行ってください」と言われました。


6.の医師の診察が一番衝撃的でした。
「橋本病ですよ。よくある病気です。」と言って、血液検査の結果の紙1枚、エコーの紙1枚、慢性甲状腺炎(橋本病)の説明が書かれた紙1枚渡されてお終い。
「えっ!?それだけ?」って感じです。
こちらが症状を訴える隙も質問する隙も見せず、先生のPCに送信された血液検査とエコーの結果に目を通して瞬時に診断するだけ。
文字通り一人一分診療。患者と目も合わさない。機械みたいでした。

TSHが7くらいだったので、チラージンは出すか出さないかギリギリのところだと言われましたが、症状がつらいので出してもらえるようお願いしました。
先生方の中にはTSHが10を超えないとチラージンは出さないとおっしゃる方も多いようですが、私の場合、抗体の数値が大きかったのと、おそらくエコーの結果などから出されたのではないかと思います。

次は1か月後にと言われて終わりました。


1~7の一連の流れを独特の機械化されたシステムでスムーズに(といっても患者数が多いので時間はかかりますが)流していくので、まるでベルトコンベアーに乗った量産品になった気分でした。

予診、問診、診察はそれぞれ1~2分。看護師さんにも医師にも、こちらが質問しようと用意した紙を見て症状などを話す「隙は」一切なく、本当に機械的に淡々と進むのです。あまりにもシステマチックで本当に驚きました。
医師数も多いし、各診察室、検査室の数もズラーッとたくさんあって、採血なんて銀行の窓口みたいだしいろいろな病院があるのだなぁと新たな感動でした。有名な総合病院でもここまで淡々とシステマチックなところ、ないように思いました。

メディカルの方々が機械のように淡々としているのに対して、薬剤師さんや事務方のスタッフの皆さんは、テキパキしているけど柔らかい雰囲気で、そこで病院の冷たい感じがなんとか相殺されている感じがしました。

今のところ、この病院に通い続けています。一向によくならない体調、質問さえしづらい雰囲気、あまりに淡々とした目も合わせない1分診察につらくなって途中何度か、転院しようかなと考えたこともありますが、だんだんいろいろ調べることにも疲れてきて面倒になってきて結局そのままにしています。先生を変えてもらったことで1分診察には変わりはないけれども少しだけ良くなったこともあります。またそのあたりのことも書いていければと思います。

それではまた・・・。最後までお読みくださりありがとうございました。



にほんブログ村


にほんブログ村


スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する