FC2ブログ
avatar image

血液検査の見方がわからない

blood-collection-1949486_960_720.jpg

こんにちは、さいろんです。
今日は前回の続きです。

初診で橋本病と診断され、何の説明もなく血液検査とエコーの結果の紙をもらって帰ってきたのですが、その見方、意味がさっぱりわからない!

FT4、FT3が甲状腺ホルモン、TSHが甲状腺刺激ホルモンだということは予備知識で知っていました。
総コレステロール、中性脂肪、肝機能の働きをあらわすASTとALT、腎機能の数値クレアチニン、尿酸、血糖、ヘモグロビン、カルシウムやナトリウムなどはなんとなくわかります。
でもあとは「???」

その頃は今よりまだ元気だったので、早速ネットで検索したり本を読んだりしてみました。

病院により分け方、呼び方も違うようですが、ざっくり分類するとこんな感じでしょうか。

● ホルモン測定
 ・FT3(遊離トリヨードサイロニン)
 ・FT4(遊離サイロキシン)
 ・TSH(甲状腺刺激ホルモン)

● 自己抗体検査   
 ・TgAb(抗サイログロブリン抗体)
 ・TPOAb(抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体) 
甲状腺全体が腫れていてこの二つの一つでも陽性だとほぼ橋本病だそうです

● 血球算定・抹消血液一般(白血球、赤血球、血小板、ヘモグロビンetc.)

● 生化学検査(肝機能、腎機能など臓器の状態)

下の二つは一般的な健康診断や内科の血液検査でもよくみかける項目ですが、上二つ(ホルモン測定と自己抗体検査)が橋本病患者にとっての重要な数値ということですね。
自己抗体検査にはTSAbなどバセドウを調べるものもありますが、今回は割愛させていただきました。

各項目の詳しい説明に関しては、医療機関のサイトをご覧ください。(書き写す元気がなくてごめんなさい)
たくさんブックマークをつけていたのですが、数年ぶりに見てみるとほとんどリンク切れしていました。伊藤病院も金地病院も隈病院もここ4~5年内にホームページがリニューアルされたようです。
もう一度検索しなおしましたので、いくつかのサイトをご紹介します。
伊藤病院のホームページは印刷用のポップアップもあります。検査のご案内→血液検査→検査項目と基準範囲→当院の各検査項目と基準範囲について→「ホルモン検査」をクリックしてください。
(4つの病院のリンクは2018年1月5日現在のものです。)

 野口病院
 伊藤病院
 隈病院
 金地病院(FT3、FT4、TSHについて、ネガティブフィードバックの仕組みなど)

抗体は最初に測るだけなので、毎回の診察で医師がチェックされるのは、FT4、(FT3、) TSH、自分で気をつけておきたいのはそれに加えてコレステロールや中性脂肪、肝機能、腎機能など生化学検査の項目もですね。

健康だと(特に定期的に健康診断をしてくれる企業・団体に所属していない人間だと)血液検査なんてほとんどしないので、こうやって年に数回、自分の体をチェックできるのは不幸中の幸いといってもいいかもしれません。

今日は久しぶりにちょっと頑張って調べて書いてみました!
ではまた・・・(〃▽〃)



にほんブログ村


にほんブログ村

スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する